読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHAPP's diary

試験的に新しいHatenaブログを作ってみました。まだ、テスト段階です。 <m(__)m>

DoSPOTの設置とその不具合...

DoSPOTの設置とその不具合...

DoSPOTの設置とその不具合...

3/26(木)当院にDoSPOTを設置しました。公衆Wi-Fiを実現させるためです。只今、1年間無料、1年を経過すると500円/月がかかります。もともと当院は光通信&OCNとの契約をしていましたので、DoSPOTの設置は容易に設置出来ました。ところがそこには大きな落とし穴がありました。

当院は、電話においてNetcommunity SYSTEM BXⅡをリースしています。同時に光電話に必要なRouter機能のあるPR-400KIを光終末端子として繋げています。ところがこのPR-400KIですが、肝心なRouter機能を使用しないで2年間使用し続けています。その理由は、私が作っているパソコン環境がうまく動作しないのではないかと思ったからです。

さて、今回、DoSPOT設置にあたり、電話もインターネットも安定していたので、GE-ONU PR-400KI での無線LAN、その他、Router機能を使ってみたくなりました。それ故に、今回、DoSPOT設置に伴い、こちらを設定してもらおうと考えました。

DoSPOT設置直後は気付かなかったのですが、設置数分後から病院電話が一切使用出来なかった様なのです。理由は不明ですが、PR-400KIのRouter機能を使用すると電話が使えない状況に陥ってしまうようなのです。

NTT工事担当者の話では、原因のひとつとしてあげられるのが、私のパソコン環境ではないかという事でした。当院はパソコンを3台繋げてあり、常時、2台のパソコン Hard Diskの一部を共有化させています。そのHard Diskの中身を「見て、書き込んで、消して」などの作業が出来る様にWindowsのホームネットワークを設定しています。これがいけないのだそうです。

この共有化は当院では出来ないと困るので、仕方なく、Router機能はPLANEX MZK-WG300NXという昔から使っているHardwareを使用する事にしました。電波の強さはPR-400KIの方が強いようなのですが、電話が使用出来ないのでは話になりません。それ故にこんな対応になってしまいました。光電話って訳の分からないところがまだまだ多いですネ。
 (´ヘ`;)ハァ

なお、用語について説明します。

ONUはOptical Network Unitの略で、もっぱら、光回線終端装置の意味になります。PR-400KIはこの機能も兼ね備えています。ONUは1芯式(光ファイバー1本で信号の送受信をピンポン伝送方式で行う)の装置で、2芯式(信号の送受信にそれぞれ別々の光ファイバーを1本ずつ使用するもの)の装置については加入者回線終端装置(Digital Service Unit : DSU)と呼び、ONUと区別されます。光電話を行う前の光通信ではDSUが備え付けられていました。

参考url:
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%89%E5%9B%9E%E7%B7%9A%E7%B5%82%E7%AB%AF%E8%A3%85%E7%BD%AE